利尿剤ラシックス

むくみが酷くなると、身体が重くなり、自分が太ったような感覚になりますが、決してそれは肥満ではありません。
肥満の原因は脂肪で、一方のむくみは体内に溜まりすぎてしまった水分です。
むくみと肥満は全く別のものですが、この2つは深い関係があります。
むくみが慢性化すると身体の代謝が悪くなっている証拠であり、毎回の食事でとったものが、エネルギーに変わりずらくなり、身体に脂肪を溜め込みやすくなります。
例えば、お腹や太ももなどに出やすい、セルライトなども代謝が悪くてできる脂肪になります。
逆にすでに肥満体型な人は、代謝が非常に悪いので、むくみはその分起こりやすくなります。
むくみは放置すると、脂肪に変わるどころか、太りやすい体質になってしまいます。
まずは生活習慣から見直して、身体の代謝を挙げる様に心がけましょう。
日頃から取り入れていくとむくみの改善につながる、むくみ取りの方法は、身体を冷やさないように、お風呂などで体温をあげたり、部屋にいる時は厚着をし、摂取しすぎはだめですが、アルコールやカフェイン類をできるだけ飲む様にしましょう。
アルコールやカフェインには利尿作用があるので、体内に溜まった水分を身体の外に排出してくれる働きがあります。
体内に溜まった水分を身体の外に出してくれるお薬もあります。
ラシックスというお薬です。
ラシックスとは利尿剤であり、むくみ取りやダイエットの目的で服用される方が多いお薬です。
肝臓に作用し、尿が作られる量が一時的に増え、身体に溜まった余計な水分を外に排出してくれます。
女性では月に1回ある生理前のむくみの治療に使われる場合もあります。
副作用としては、身体のだるさや脱力感、めまいなどの症状がでる場合があります。
服用時の注意点は、用法用量を守って服用するのはもちろんのこと、利尿剤のため、トイレにいく回数が増えるので、就寝前や身動きがとれない(車移動など)の場合は服用は控えた方がいいです。
日常生活を少し変えたり、お薬をつかって、つらいむくみを改善していきましょう。